デザイン性と高品質なオリジナルTシャツ・オリジナルパーカー・オリジナルポロシャツのシルクプリントやダイレクト刺繍など。東京で作るオリジナルウェアならユニセックスコーポレーション東京。

News

デザイナー・クリエーター向けプリント講座 ~第3回~


★糸の特徴を知り、目的に合わせたオリジナルTシャツを作ろう★

同じようなTシャツなのに、なぜ商品によって価格差があるのか疑問に思ったことはありませんか。
もちろん、その商品の生産数や生産国、またその他の目に見えないこだわりの仕様によるものもあります。

ただ、同じTシャツを作っても使用する糸の種類よってまったく生地値が違うということ。
大きくわけて綿糸には3種類の糸があり、<カード糸>→<セミコーマ糸>→<コーマ糸>の順で品質および価格も高くなっていきます。

「生地が厚いほう(ヘビーウェイト)が丈夫で長持ちするんですよね」という質問を受けることが良くあります。逆に言うと、薄い素材(ライトウェイト)は品質が良くないんじゃないかと思われている方も多いと思います。

答えは「NO」

生地の厚みで商品の品質を判断するのではなく、どの糸を使って作られたTシャツやポロシャツなのかを知ることで使用目的に最適なオリジナルTシャツ制作ができますので、ぜひ覚えておくと便利です!

特にネットでは<激安><格安>などを売りにした業者が多く存在し、商品知識も低く、とにかく安いものを勧めてくる会社も多いようですので、情報として知っておけば安心です。

誤解の無いようにお伝えいたしますが、「カード糸=悪い商品」ということではありません。
制作目的によっては、短期間のイベントなどでそれほど長く使用するオリジナルTシャツでなければ、カード糸を使った比較的低価格帯のTシャツでも特に問題なく使えます。

ここでお伝えしたいのは、お客さま自身がその商品の品質を知っていて選んだのか、知らずに選んだのかということ。当社ではどのような目的でオリジナルTシャツやオリジナルポロシャツを制作するのかを把握したうえで、ご提案する商品を考えてお見積もりいたしております。

「3種類の糸の特徴」

★カード糸
もっとも一般的な糸で、不純物を5%程度除去するカード工程を行った綿糸を使用。
比較的低価格帯の商品に多く利用されており、不純物が多いため毛玉になりやすく、長期利用する制作には不向き。当社ではコスト重視の短期イベント用制作以外ではほとんどご提案いたしておりません。


★セミコーマ糸
カード工程後にさらにコーミングすることで約10%程度の不純物を除去した綿糸を使用。
短い繊維を取り除くことでカード糸に比べてやわらかく、光沢および耐久性もアップ。
カード糸にくらべ、凹凸の少ないなめらかな生地になるのでプリントものりやすくキレイに仕上がります。
当社ではご提案するTシャツの基準となるのが、「セミコーマ糸」を使ったTシャツになります。


★コーマ糸
セミコーマ糸をさらにコーミングし約20%程度の不良部分を除去し、良質な部分だけを使用した上質糸。
毛羽立ちが少なく、光沢がある肌触りの良い柔らかな仕上がりが特徴的な高級糸を使ったTシャツになりますが、その分価格も高くなります。当社のお客様でも特に洗濯頻度の高い飲食店などのユニフォーム制作では、長持ちするとリピートも高く、安いTシャツで作るよりも結果的に安く済むと満足度も高いようです。


お客様によってオリジナルウェアを制作する目的やご予算は十人十色。
単純に高い、安いというだけではなく、なんのために作るのかを考えて選ぶようにしてください。

作ったあとで後悔しないように、事前に制作目的などを細かくお伝えいただければ、お客様の制作にベストな商品やその素材やデザインにあった加工方法を丁寧にご説明させていただきますので、お気軽に!